Seminar受講の心構え

先日のSummer Seminar では“親との距離感’でワークをしました。

ワークはなかなか、人の目を気にしたり、自分を出せない人が多いです。

理解しているつもりで意見を述べます。

『何を学ぶのか』の意識がまず乏しいです。

 

親との距離感のワークでは

2名お互いが立ち、向き合い、片方の1名が片方へ近づいていく、

相手との距離感を計りながら良い距離感と感じたら立ち止まるというワークです。

 

皆さん ただ相手の顔をみるだけです。

当然 相手にどう思われるか?を気にしています。

もしくはただ笑って距離を縮めるという行動でした。

 

 

自分と相手

 

これから 何を語る人、何を共有していく人などなど

ちゃんと自分と相手との共通する出来事がどのうように進められていくか?

その時 どのような距離をとっていれば上手くコミュニケーションが図れるか、などなど

それらを考えてワークに臨む人は残念ながらいませんでした。

 

いったい貴方は 何を 学びたいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. BALI出発前に

  2. 自分がどのような態度をとっているか知っていますか?

  3. 自己責任とは

  4. 2019年1月も・・・

  5. できてないことは??

  6. メッセージの受け取り方